kazaru-kazaru

商品検索

カートの中を見る

営業日について

土日祝日はメール対応、入金確認、発送業務をお休みさせて頂いております。休み明けの対応になりますので予めご了承下さい。

携帯の方はこちら

土日祝日はメール対応、入金確認、発送業務をお休みさせて頂いております。休み明けの対応になりますので予めご了承下さい。
トップ>お手入れ方法

アクセサリーのお手入れ方法

お手入れをされる場合は、全文をご理解の上作業を行ってください。

全てのアクセサリーに汗は大敵です。
日常では帰宅時に柔らかいコットンや布(メガネ用布)で包み込むように汗や皮脂を拭き取ることをお薦め致します。
チェーン部分は首に直接触れ拭き取りにくいために包み込んだ布を軽く揉むようにすると良いでしょう。

天然石や真珠が付いている場合は、特にやさしく手入れして下さい。
無理に引っ張ったりすると石などの割れや欠け、接続部分の破損の原因にもなります。

一般には洗剤などがつくと変色する恐れもある為使用しない方が良いでしょう。
食事の用意やお風呂などの清掃の時には取り外してください。

14Kゴールドフィルドのアクセサリーのお手入れ方法

14Kゴールドフィルドは汗や水に弱いです。
使用される内に黒ずんでくる事もありますので黒ずんでしまった場合は、金用のジュエリークリーナーでお手入れすると綺麗になります。

少量のジュエリークリーナーでやさしく拭いて下さい。
一般の金属磨きは研磨効果が高いために不向きです。

あまり黒ずみがひどいと元の輝きを取り戻さない場合がありますので、できるだけ早めにお手入れしてあげてください。
クリーナーでお手入れをする際は、天然石をクリーナーにつけないよう注意してお手入れしてください。

真珠のアクセサリーのお手入れ方法(淡水真珠を含む)

真珠の表面は柔らかく傷が付きやすく汗を吸収しやすいために艶が無くなったり、変色などの状況が起こります。
そのために手入れもまめに行ない、布に包むなどの湿気を避ける保管が必要になってきます。

洗剤や薬品は使用せず、あくまで乾拭きを基本に柔らかい布で拭いてください。
汚れがひどい場合は布を湿らせ(よく絞った布)で同様に拭いて下さい。

玉と玉の間は汚れが溜まりやすい部分ですので、無理をせずに少し曲げて玉の間を優しく拭いて下さい。

お手入れの最後には乾拭きは必ず忘れずに行ってください。

水牛のアクセサリーのお手入れ方法

基本的には真珠と同様に行ってください。
乾拭きでは汚れが落ちにくいと思いますので、水に浸しよく絞った布で拭いて下さい。
素材が薄い事がありますので割れには注意して下さい。
洗剤は表面を溶かす場合が有りますので使用しないでください。

特に乾燥は禁物です。乾燥すると割れることが有ります。
乾燥材などがあるとひび割れを起こしますので、他のアクセサリーと区別してください。
艶が無くなった場合は乾拭きして軽く汚れを取りベビーオイルなどを布にふくませ軽く拭きます。
その後再度乾拭きしてください。ベビーオイルの付け過ぎに注意して下さい。
バングルなどのカーブしている商品は真っ直ぐに戻る性質が有ります。
長期間使用しない場合は厚紙などでカーブをキープさせて下さい。

糸やストレッチゴムなどのお手入れ方法

日本には四季が有り糸やゴムは延び縮みを繰り返しその内に劣化してきてしまいます。
また糸などは汗や水分を吸い取りますので、劣化は最低で約1年と考える方が無難です。

ストレッチゴム(パワーストーンのブレスなどに使用されているゴムです)も同様に1年ほどで劣化は始まっていますので、交換がされる方が無難です。

またストーンの穴の端でゴムが擦れ切れやすいため定期的な交換をお薦めします。

アクセサリーの保管方法について

箱などにコットンなどの柔らかい布を敷いて間仕切りなどで個別に保管ができ、尚且つ密閉できればベストです。
間仕切りが出来ない場合は要らなくなったメガネ拭きで個別に包んでも良いですが、重ならないようにして下さい。
箱などでの保管が難しい場合でも袋に一つ一つ入れて保管して頂くだけでもかなり違います。

真珠のアクセサリーは密閉せずに布かティッシュを数枚重ねて包んで保管しますが、使用した時などに新しいものに取り換えた方が清潔に保管して頂けます。
水牛のアクセサリーは乾燥材などがあるとひび割れを起こしますので、他のアクセサリーとは区別して保管してください。

どのアクセサリーも保管の際に互いに傷を付けないよう注意して下さい。
また整理しておく事で次に着用する際にからまったりせずに出す事ができます。(実はからまって無理に引っ張って切れるケースがかなり多いです)

kazaru-kazaruのアクセサリーの取り扱いについて

就寝時や激しい運動、お子様の世話をする時など、身体に危害を及ぼす恐れのある時はアクセサリーを外して下さい。
小さなお子様が口に含まれないよう、保管場所や保存方法には厳重にご注意下さい。(アクセサリーによる怪我やアレルギー等のトラブルはkazaru-kazaruでは一切責任を負いかねますのでご了承ください)