kazaru-kazaru

商品検索

カートの中を見る

営業日について

土日祝日はメール対応、入金確認、発送業務をお休みさせて頂いております。休み明けの対応になりますので予めご了承下さい。

携帯の方はこちら

土日祝日はメール対応、入金確認、発送業務をお休みさせて頂いております。休み明けの対応になりますので予めご了承下さい。
トップ>お買い上げいただく前に

お買い上げいただく前に

天然石について

kazaru-kazaruのアクセサリーには天然石が多く用いられております。
天然石は1つ1つが色や形、サイズが異なります。
なるべくサイズや色が均等な石を選んでおりますが、中には少し違いが出てくる石が含まれる事もあります。
またインクルージョン(内包物)やクラック(石の欠け)がある天然石も出てきてしまうのが現状です。

しかしこれらは良くも悪くも自然が生み出した軌跡であり、その天然石の特徴にもなります。
またkazaru-kazaruではその軌跡をお客様との巡り合わせとも考えアクセサリーにも一期一会の考えで長い期間ご利用頂ければ大変ありがたいです。

こういった天然石の特性を十分にご理解頂いた上でお求め下さいませ。

またインクルージョン(内包物)やクラック(石の欠け)などの自然の現象でできた物や、微量の色や形の差異については天然石の特徴として予めご了承ください。
(万が一かなり石が割れているなどがございましたら当然ご対応させて頂きますのでご安心下さい)
上記の事由による交換については承れませんので天然石の状態などについてご不明な点がある場合は、ご注文を頂く前に気軽にお問い合わせ下さいませ。

14KGFについて

kazaru-kazaruのアクセサリーには金具部分に14KGFを使用したアクセサリーも多く販売しております。

14KGFはメッキのアクセサリーとは異なり簡単に申し上げると14金を真鍮の地金に張り付けている素材です。

商品のベースには真鍮材を使用し、その上に14金を総重量の20分の1の量を張っ(圧着)たものが基準とされています。
20分の1以下の厚みの物はゴールドフィールド(GF)とは呼びません。

しっかりとしたケアをしながら着用して頂ければメッキ商品の様に色が変色したり剥げたりする事が少なく金のジュエリーの様に長期間お楽しみ頂く事が可能です。

直接肌に触れる部分は14金の為、メッキのアクセサリーよりも金属アレルギーのリスクがかなり低い事は確かですがアレルギーには個人差があり14KGFでも絶対に症状が出ないという事ではありません。
万が一アレルギー症状が出た場合、ただちに使用をやめて頂き一度専門の医師に取り扱いを相談して下さい。

水牛について

kazaru-kazaruでは水牛を使用したアクセサリーも販売しております。
水牛には数種類の水牛があり黒・茶・あめ色などがあります。
天然の素材ですのでひとつひとつ色の具合が違う商品もでてきてしまいます。

水牛は製作する職人さんや素材の減少で取り扱いも減っています。
水牛は天然素材ですのでバングルなどの薄い素材は形が変化する場合が有ります。
正しい取り扱いやきちんとした保管を行なえば長い期間お楽しみ頂けます。
乾燥には注意が必要で長時間の乾燥はひび割れを起こしますので、他のアクセサリーとは別に保管してください。

メッキについて

kazaru-kazaruのアクセサリーには通常のメッキ商品も販売しております。

メッキとは金属を様々な物質の表面に、金・銀・ニッケル・クロムなどの薄い金属膜を付着させる技術です。
通常のメッキは1マイクロン以下の厚みしかありません。厚メッキと呼ばれるメッキでもミクロン単位の厚みです。

使用することで黒く変色したり、メッキの厚みが薄くなる場合もあります。
ご使用状況によって大きく左右され、汗やほこりは勿論ですが、香水や化粧品などにも影響を受けやすいです。
より長く楽しんで頂くためにも使用された後には柔らかい布で拭いたりこまめなお手入れをお薦め致します。

金属アレルギーについて

アクセサリーを着用された方の中には体質によりアレルギー反応が出る場合があります。
下記の説明をお読み頂きご理解の上ご購入頂きますようお願い致します。
(購入後のアレルギーに関する責任はkazaru-kazaruでは一切負えませんのでご了承願います)

金属アレルギーを疑われる人は、ご購入頂く前に専門機関で検査を受けて下さい。

今までアクセサリーを使用して痒くなったり、赤くなってかぶれたことがあるなどのアレルギー症状が出た経験のある人や、両親が金属アレルギーなどのアレルギーの疑いがある人はまず皮膚科などの専門機関などでパッチテスト(溶液をつけた布などを皮膚に貼って反応を見るテストです)を行って下さい。

パッチテストで自分にとってどの金属にアレルギー反応が出るかが調べる事が出来ます。
検査薬は金や銀、ニッケル、クロム、コバルトなどが多いようです。
パッチテストの費用は国民健康保険の適用が可能な為、3割負担の人は大体千円前後で調べられます。(別途で診察料等はかかります)

アクセサリーを着用していてもし痒くなったり、かぶれたりした時は

アクセサリーを身に着けていてもし痒くなったり、赤くなって炎症などの症状が出た時はすぐに使用を止めて下さい。

最初は大したことなく軽いかゆみでも、そのまま身に着け続けることでアレルギーを助長させることにもなります。
確認せずにわからない状態で放っておくことが最も危険です。

皮膚科などの専門医を受診し、 医者の診断にしたがってその後のジュエリーの使用について、ご相談ください。
受診の際にいつから症状が出ているか、原因と思う装飾品を持参する、など具体的に話すことをお薦めします。